Mitt rum, Bergman och jag 部屋とバリマンと私

ストックホルム大学シネマ・スタディーズ修士課程に留学中の筆者がベルイマンを中心に色々綴ることを目指しているブログです。

瑞日ダブル・インターン体験談③ 東京国立近代美術館フィルムセンター

さて、前回の更新で書いたベルイマン・センターでのインターンを終えた私は、映画に誘発されたツーリズム(film-induced tourism)の視点から長い長いエッセイを仕上げて、6月半ば、無事にストックホルム大マスター・プログラムでの一年目を終えました。

1週間ほどちょっとのんびり過ごした後、今度は東京に飛んで、国立近代美術館フィルムセンターで夏休みの1ヶ月半の集中インターンシップに参加しました。

ストックホルム大の方で、フィルム・アーカイヴについてのコースを受講しており、スウェーデン映画協会のアーカイヴの事情の方がよくわかる、というような変な状態でフィルムセンターに辿り着いたのですが、とても貴重な体験をさせていただけました。

多分年度替りくらいにフィルムセンターのHPに感想文が載ると思うので、更新されたらここにリンクを貼りたいと思います。

私は日本の学士課程できちんと映画を勉強したこともなく、マスターに進んでから付け焼き刃のような状態なので、研究員の方々の該博な知識を目の当たりし、勉強不足を実感しつつも、とても良い刺激を受けながらの1ヶ月半でした。

アーカイヴという場所に身を置くことで感じたのは、今まで強く意識したことのなかった、映画=フィルムの物質性と、それと不可分の技術者のみなさんの存在。

デジタル化の進む中で、モノとしてのフィルムを扱う仕事に長年従事されていた方々の技術は、まさに職人技。身近にお話を聞いて、継承しなければいけない技術だということを強く実感しました。それと同時に、アーカイヴのポスターのコレクションを見せていただいたり、古い映画雑誌を閲覧したり蔵書の整理をしたりという日々の業務の中で、映画というメディアの歴史性をひしひしと感じました。

実は私は昔美術史を勉強していたのですが、改めて自分は古いものが好きなんだなぁということを思い出しもしました。

フィルム検査に同行させていただいたり、35mmの試写に同席させていただいたり、初めての経験の中で、フィルムというモノの美しさと、あのセルロイドのペラペラに世界を写し取りたいと思った先人たちの想いをしみじみ感じました。

クリスチャン・メッツの映画についての言葉を思い出して、映像への憧憬というか、切望というか、そんなものについて思いを馳せたりもして。アントニオーニの『欲望』のラストシーンに感じるような、茫洋たる現実とフィルムというモノに焼き付けられた現実の像とのあわいとか、捉えられないものを捉えようとする欲望とか、うまく言えないけれど、映画=フィルムの根源的な意味について改めて考えたりもしました。

私はこういう映画の存在論的な議論がすごく苦手で、抵抗感があったのですが、実際にモノとしてのフィルムの存在を強く感じる場所にいると、見方が変わるものですね。

続きを読む

瑞日ダブル・インターン体験談② フォール島 ベルイマン・センター

さて、ようやくインターン体験談を書きたいと思います。

今年4月〜5月にかけてインターンシップに参加したのが、フォール島にあるベルイマン・センターです。

入り口。

f:id:silkesarstid:20170920011429j:plain

全体(同じ建物の白い部分半分はフォール島博物館)

f:id:silkesarstid:20170920011545j:plain

フォール島というのは、『魔女の宅急便』の風景のモデルの一つと言われるゴットランド島の北に位置する、人口500人ほどの小さな島。ストックホルムからバスで1時間ほどの港から3時間くらい(だったかな?)でゴットランド最大の街ヴィスビーに着き、そこからバスで1時間くらい(だったかな?)の道のりです。不便です。

この島は、今では「ベルイマンの島」and 夏場のリゾート地として定着しています。

そもそもの始まりは、『鏡の中にある如く』のロケ地探しをしていたベルイマンが渋々ロケハンに行ったところ(本当はオークニー諸島を使いたかったが、予算等の関係で制作会社がフォール島を推した)、一目惚れしたこと。その後『ペルソナ』『狼の時間』『恥』『情熱』『ある結婚の風景』など、多数の作品のロケ地となりました。島に惚れ込んだベルイマンが当時の恋人リヴ・ウルマンと一緒に移り住み、複数の住居を建築・所有し、最終的に永住した土地です。

現在ベルイマンは最後の奥さんのイングリッドと共にフォール島教会に眠っています。↓がお墓までの道のり。

www.youtube.com

さて、ベルイマン・センターという施設ですが、その設立までは紆余曲折の物語でした。。。

続きを読む

Kardemummabullar på Valhallabageriet ヴァルハラ・バゲリーエットのカルダモン・ロール

未だかつてないほどライトな話題の投稿です。

論文執筆でストレスMAXの日々を送っている現在の私。昨年夏にストックホルムに来てから色々しんどくて、定期的にストレスMAXになってきたのですが、そんなとき私を支えてくれてきているのが…

Kardemummabullar på Valhallabageriet

ヴァルハラ・バゲリーエットのカルデムンマ・ブッレ(カルダモン・ロール)

http://www.whiteguide.se/sites/default/files/imagecache/lightbox/_wah6627-redigera.jpg

8月頭にこちらに帰ってきてから、今日になってようやく食べられました。

もう、やっぱり美味しすぎる。

私はkanelbulle(カネール・ブッレ=シナモン・ロール)よりカルダモン・ロールの方が好きなので、結構いろんなベーカリーやカフェで食べ比べてるのですが、結局ヴァルハラ・バゲリーエットが一番美味しいと思っています。(でもまだまだ食べ比べは続けたいと思います)

むっちりとしていてバターがたっぷりでカルダモンの粒々とスパイシーな風味がもう最高です。

これを食べるたびに、しんどいけどやっぱり頑張ろうと思えるくらい美味しいのです。

ここのベーカリーは、私が普段勉強しているフィルムヒューセットのすぐ近くなので、元気を出したい時でも、もともと元気な時でも、行く道々、帰る道々に買っては食べ、買っては食べ、しみじみと美味しさを堪能しています。

先日ストックホルムに遊びに来ていた姉に食べさせてやりたいと思って、お店まで行ったら、閉店が近かったせいもあってか売り切れ。残念。こんなに美味しいのに。。。

さて、エネルギーチャージもできたので今日の午後も論文執筆を頑張ります。

(インターンのことはもう論文終わってから書きます〜〜〜今余裕が全くありません。。。)

 

Twitterを始めました

突如更新が増しているのは、論文執筆の合間の気分転換のせいです。

(うん、これがブログ更新を続けるいいきっかけになるかも!笑)

知り合いの方に勧められて、少し前にTwitterを初めてみました。とりあえず観たスウェーデン映画を発信していこうと思っているのですが、観る速度に追いつかないので、ただいままとめて遅れを取り戻すツイートをいくつかしたところ。

まだこちらの方が頻繁に更新できるのでは。。。

以下よりよろしければフォローお願いいたします⇩

twitter.com

居住許可の延長

今週から新学期がスタートします。最初の半期はkvällskurs(夜間コース)の日本映画のコースと、9月2週目からの少し遅めのスタートのundertextning(字幕)のコースです。どちらもスウェーデン人学生向けのものなので、当然スウェーデン語です。やたらとスウェーデン語を強調していますが、実は私はスウェーデンの大学でスウェーデン人学生向けのスウェーデン語で行われる授業を受けるのは今回が初めてなのです。

日本で学部時代はスウェーデン語専攻だったのになぜかスウェーデン語で大学の授業をほとんど受けたことがないというのは、ヨーテボリでの交換留学中は協定の条件のため英語のコースしか公式には履修登録できず、今回のストックホルム大学のシネマ・スタディーズのマスタープログラムはインターナショナルで使用言語は英語、という理由によるものでした。

(ヨーテボリ時代に、スウェーデン語を母語としない学生向けのスウェーデン語の授業を一つ特別に履修させてもらったのと、ストックホルムで最初の学期に外国人学生・職員向けのスウェーデン語の授業を受けたのが唯一の経験です。スウェーデン語以外の科目をスウェーデン語で勉強するのは、本当に今回が初めてなのです。)

この夏ずっと日本に帰っていて、スウェーデン帰国後も姉と友人が連続して遊びに来ていて、しばらくスウェーデン語をあまり使っていないので、今ちょっと鈍っています…。頑張って取り戻して授業について行きつつ、さらにスウェーデン語力を向上させたいと思っています。

さて、前置きが長くなりましたが、タイトルの居住許可について少し書こうと思います。

スウェーデンはシェンゲン協定国なので、日本人は90日間は居住許可(ビザ)なし滞在が可能ですが、留学生の場合はもちろん就学向け居住許可の申請をする必要があります。

私は2年間のマスタープログラムに受入許可が出ましたが、一回に1年分の居住許可しか出ないということで、昨年8月から今年9月1日までの居住許可でこれまで滞在していました。

つまり、2年目を始めるにあたり、居住許可の延長を申請する必要があります。

続きを読む

★スサンネ・オステン監督インタビュー★

インターンの話を書く前に、夏に東京に帰る直前に叶ったスサンネ・オステン監督とのインタビューがようやく記事になったので宣伝です。

(非メンバーへのオンライン上での公開は残念ですが1週間のみです!)

www.cinemascandinavia.com

 

以前ドラマーテンの『ファニーとアレクサンデル』の劇評を書かせてもらったCinema Scandinaviaが、北欧映画界で活躍する女性にフォーカスするということで、何か書きたいと思い立ち、スウェーデンの演劇・映画界を牽引してきたスサンネが真っ先に頭に浮かびました。直接彼女にメールを送ったところ、快諾していただいてFilmhusetにてインタビューさせていただきました。

インタビューという行為自体初めてで、しかもかなり自由にどんどん連想してお話を広げる方だったので記事という形にするのが難しかったこと、かつ、Cinema Scandinavia自体は英語雑誌なので、スウェーデン語を私の不自由な英語に訳すという力技をクリアしなければならず、大変でした。エディターのBarbaraの手厚いサポートのおかげでなんとか仕上がりました。

これは英語版なので、カットしているのですが、私が日本人ということもあり、またスウェーデンだけでなく国際的にも知名度の高い女性なのに日本ではほぼ全く知られていないため、いずれは日本語でも訳して発表したいと伝えていたこともあり、日本の演劇・映画についてのコメントも頂きました。そういう部分を含めて、改めて日本語版を書き直して、ここのブログかどこか別の場所で発表したいと思っています。

私はそれほど社交的な方ではないので、一度やってみてインタビューはあまり向いていないかもなーと思ったのが正直なところでしたが、でも学びの多い経験でした。

瑞日ダブル・インターン体験談① インターンを見つけるまで。

久しぶりの更新です。

この4月から数ヶ月、私はダブル・インターンシップをしていました。もうバタバタで、完全にブログを放置していました…。それを挽回するために、今日から数回にわたって私の瑞日ダブル・インターンシップ体験談を書きたいと思います。

そもそも、なぜインターンをすることになったかというと、マスター・プログラム1年目最後のコースにフィールド・スタディなるものを履修したため。このコースは、映画・メディア関係の機関(映画協会、アーカイヴ、美術館、配給会社、制作会社など)で最低7週間のインターンをしながら、自ら問題を設定し、インターンを通じてのフィールド・ワークを元に最低5000語のエッセイを書くという内容でした。履修前から、このコースはインターンを見つけるのが大変だから負担が大きいよ!と散々脅かされ、昨年末の最初のクラス・ミーティングでも、とにかくインターン見つけるのが第一ステップだから難しいけど頑張ろう!と脅かし励まされていました。彼らの言葉に嘘はなかった…インターン探しはかなり難航しました。

続きを読む